意外!こうだったんだ、太陽光発電の仕組み

発電方法にはいろいろな種類がある

私たちが日常的に利用している電化製品、コンセントを差してスイッチを入れるだけで非常に便利な生活が手に入ります。ではあって当たり前だと感じる電気ですが、どのように作られているのでしょうか。
電気を作ることを発電といい、様々な発電方法があります。よく聞くところでは火力発電、水力発電、原子力発電などがよく耳にします。しかし、これらの方法は大きな電力を得られる一方で環境破壊の原因となったり、原子力は健康被害などが懸念されます。そのため、自然エネルギーを利用するクリーンな発電方法として、太陽光発電や、地熱発電、風力発電などが注目されています。では実際、どのような方法で電気を生み出しているのでしょうか。今回は太陽光発電について解説します。

電気はエネルギーにエネルギーは電気になる

電気自動車などを例にすると、電気を使うことでモーターを回し、車のタイヤを回します。では逆にタイヤを回すことでモーターを動かすとどうなるでしょうか。実はこの時モーターに電気が流れています。この電気を集めることで発電が行われています。このようにエネルギーと電気は変換できることが知られています。
太陽光発電にはモーターはついていません。ではどのように発電しているのでしょうか。一般的な単三電池ではプラス極とマイナス極の間に電球を挟むことで発光します。これはプラス極とマイナス極の間に電位差があり、水が高いところから低いところに流れるように電気が高いところから低いところへと流れるためです。。太陽光発電では光エネルギーを半導体に当てることで光電効果という現象を起こし、半導体の中の電子に偏りを作り出しています。そのため、プラス極とマイナス極の間に電位差ができ、電気を作っています。